終活信託でトータルサポート

 
 

相続手続きの知識が求められる時代に

はじめまして。「つむぐ相続プロフェッショナル人材養成講座」を運営します、一般社団法人つむぐ代表理事 長井俊行です。

年間200件以上の相続手続きに携わる中で、銀行や生命保険会社の窓口の方やスタッフの方と連携して仕事することが増えてきました。痛感していることは・・・(とういうようないい感じの文章を)

 
 

金融機関の担当者が相続知識を習得するメリット

・相続のリスクを把握したうえでアドバイスができる
・どんな専門家に相談したら良いかをアドバイスできる


 
 

教育カリキュラム例

A銀行
5日間の集中プログラム
9:30〜16:30 6時間研修(休憩1時間)
◯◯万円
B銀行
毎月1回の年間12回の研修プログラム
9:30〜16:30 6時間研修(休憩1時間)
◯◯◯万円

ご希望や状況をお伺いさせていただき、各社、各行に合った教育カリキュラムをご提案させていただきます。

 
 

講演実績のある主な金融機関

つむぐ相続プロフェッショナル人材養成講座の担当講師がこれまで講演、講義したことのある主な金融機関です。

銀行
三井住友銀行、滋賀銀行
信用金庫
滋賀中央信用金庫、のと共栄信用金庫、福井信用金庫、近畿産業信用組合、北陸ろうきん
JA
JA紀南、JA美方敦賀、JAバンク滋賀、JAバンク和歌山、JAバンク三重、JA共済連滋賀、JA共済連京都、JA共済連大阪、JA共済連奈良、JA共済連岐阜
生命保険会社
プルデンシャル生命、第一生命、明治安田生命、マニュライフ生命、メットライフ生命、ソニー生命、ライフネット生命
その他
郵便局

 
 

つむぐの講師紹介

栗本 大介(くりもと だいすけ)

【職責、保有資格】
ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者)
1級ファイナンシャルプランニング技能士
相続手続カウンセラー、定年力アドバイザー
金融知力インストラクター、証券外務員Ⅱ種、宅地建物取引士

【経歴】
1971年滋賀県生まれ。大津市在住。立命館大学卒業後、大手資格スクールに入社し、資格取得のための講座の企画・運営に携わる。在職中にFP資格を取得し、1997年のCFP®合格後、講師業を開始。実務を経験するためにソニー生命保険株式会社に転職後、2001年にファイナンシャルプランナーとして独立。2001年から郵便局の暮らしの相談センター相談員を約2年間務める。

2003年~2016年に滋賀県金融広報アドバイザー、2010年~2016年に日本FP協会滋賀支部長を歴任。立命館大学、びわこ学院大学の非常勤講師も務める。

現在は、23年に及ぶFP講座の講師経験を生かした試験対策の指導と、FP相談員としてのノウハウを指導するほか、シニア世代の資産管理と相続への対応を中心に活動。インターネット上で「FP栗本チャンネル」を開き、FP知識の普及活動にも力を入れている。

【実績紹介】 
金融機関を中心に、大手企業、JA各団体のほか、複数の大学や高校、中学校、小学校などでの金銭教育、消費生活センター等で、これまでに2,000回を超える講演実績を持つ。2009年~2011年にはNHK大津放送局の「おうみ発610」にて「暮らしとお金ゼミナール」に出演。FPの学習法を中心とした書籍を6冊出版した後、2013年に同文舘出版より「FP技能検定勉強法」、2015年にちくま新書から「40代からのお金の教科書」を上梓。2010年度には、金融庁・日本銀行より「金融知識普及功績者」として表彰を受ける。

青木 克博(あおき かつひろ)

【職責、保有資格】
青木行政書士事務所 所長
相続手続支援センター福井 センター長
株式会社スタートアップ経営 代表取締役
行政書士、相続診断士、
2級ファイナンシャルプランニング技能士
SSC相続手続カウンセラー

【活動内容】
相続に関する業務に特化した福井県内唯一の相続専門事務所を運営。
年間400件以上の相続相談を受け、ご遺族に寄り添い、相続や葬儀後の各種手続きを総合的にサポートしながら相続後の家族の更なる繁栄をテーマに活動している。また、生き方や理念の継承にも注目し、心の相続を最優先にした相続スタイルが注目を集めている。

新喜 章弘(しんき あきひろ)

【職責、保有資格】
㈱相続手続支援センター石川 代表取締役
所長 相続専任相談員 相続手続カウンセラー®
石川県金融広報委員会金融広報アドバイザー
(一社)相続手続カウンセラー協会 理事

【活動紹介】
石川県の相続手続き業界のパイオニア。「相続に関する手続きをスムーズに行い、経済的な不利益及び心理的ストレス、そして争う
相続を最小限にすることによって、家族のさらなる繁栄をサポートすること」を社会的使命とし、全国46ヶ所の相続手続支援センター
とネットワークを組んで、年間200件超の相続に関するあらゆる相談をお受けしております。相談者は、不動産オーナー、会社役員、
サラリーマン、公務員、年金生活者、主婦と幅広く、現場の経験に基づいた豊富な相続に関するノウハウを提供しています。自身を
「相続の総合プロデューサー」と位置づけ、親身になって「心の相続」を念頭に相談にのる姿勢から、相談者から「ありがとう」という
声を数多く頂いています。講演では、難しい法律用語を使わず、また豊富な事例を交えできるだけ分かりやすい言葉でご説明します。

長井 俊行(ながい としゆき)

【職責、保有資格】
一般社団法人つむぐ 代表理事
日本弔い委任協会 理事
サントグループ 代表
相続手続支援センターなにわ 所長
株式会社サントレフォルム 代表取締役
相続書士®、相続手続カウンセラー®

【活動紹介】
わたしが15年間で、3,000件を超える相続手続きをサポートしてきて、決して仲の良いご家族ばかりではありませんでした。ちょっとの事で揉め事がおこります。母の何気ない一言や、兄弟喧嘩、介護の方法であったり・・・。本当は誰もが幸せになって欲しいという想いを持っているにもかかわらず、人生のボタンの掛け違いのせいで、思わぬ結末を迎える。生前に準備をしておくことの重要性に気付き、いままで色々な方法でサポートをして参りましたが、この度各専門家を集い、より専門性を高めながら生前に安心して生活できる環境を創り、次世代へ想いを紡いでいくべく、この一般社団法人つむぐを設立いたしました。

 
 

 
 

よくあるご質問

Q.オンラインでの講義にも対応していますか?
 
A.はい。リアルでの研修、オンラインでの研修、どちらにも柔軟に対応しております。状況やご希望をお聞かせいただき、プログラムと方法をご提案させていただきます。
Q.金融機関の窓口担当者が、簡単な相続相談に対応できるようになるような研修は可能ですか?
 
A.はい。多くの金融機関での研修実績がありますので、何を目的とした研修をご希望されるかなどヒアリングさせていただき、対応することが可能です。

 
 

お問い合わせはこちら